審美歯科

審美歯科

審美歯科・美容歯科治療

審美歯科とは

綺麗な歯 = 自然な歯を取り戻す事によって、性格にも明るさが増したり、自分自身に更に自信が持てるようになったり、公私ともに社会生活に大きなプラス効果が生まれてくるようになります。

ここ数年における審美歯科の発展にはめざましいのもがあります。
昔は「奥歯は金で丈夫に、前歯は継歯(つぎば)で奇麗に」と言う時代がありましたが、現代では前歯はもちろんのこと、奥歯でも治療痕を全く残さない = 天然の歯と見分けがつかないほどの自然な感じの仕上がりを持った治療法が開発されています。

歯を残して充実した人生

当院の審美歯科治療

本当の意味での「美しさ」を長く保っていく事

丁寧な説明、ゆとりの治療時間

 

当院での審美歯科治療は、綺麗な口元や笑顔だけでなく、「よく噛める」「よく話せる」などの機能面も大切と考えており、本当の意味での「美しさ」を長く保っていく事を目的としています。

審美歯科治療だから言って、ただ単に見た目の美しさを整える白い歯を入れれば良いという事ではありません。きちんとした診療・治療の延長上に審美・美容というものがあり、患者さんの肉体的及び精神的健康の回復と維持を目的としています。虫歯や歯周病はきちんと治療しなくてはならない事は言うまでもありません。

また、審美的治療をご希望される方々には、どのような点にお悩みをお持ちなのか、どのような問題を抱えていらっしゃるのかなど、親身になってお話をお伺いするカウンセリングが大切であると考えています。

当院の審美歯科治療の流れ

治療法や治療に用いられる素材には、様々な種類があります。「自分に合った治療法・素材は何?」
まずその不安を解消する為に、患者さんのご要望・ご希望をお聞きした上で、症状によってどの素材が一番手適しているのかなど、見本等を用いて具体的な詳しいご説明を行っています。


虫歯治療の流れ


- ステップ1 -問診と診査

患者様のご要望、痛みの有無や痛みの状況など詳しく聞きます。患者様のご要望(ご希望歯)に応える為には、精密な診断が必要となります。歯や顎を診るだけでなく、噛み合せの状態や顎の動きなどの診査も必要となるので、歯型を取り診断用模型を製作、レントゲン撮影も行います。レントゲン撮影には、顎全体を1枚のフィルムで撮影する方法と個々の歯を撮影する方法がありますが、必要に応じ、両者を併用することが多く見られます。(この場合、同じ日に撮影する時と日を異にする時とがあります。)

- ステップ2 -インフォームドコンセント

診断結果に伴い、どのように治療を進めていくか、どのような素材が患者様にとって最も適しているかのか等、詳しくご説明致します。

- ステップ3 -治療開始

患者様がご納得されましたら、治療を開始致します。
審美歯科治療は、単に見た目の美しさを整える白い歯を入れれば良いという事ではありません。きちんとした診療・治療の延長上に審美・美容というものがあり、患者さんの肉体的及び精神的健康の回復と維持、これらの事柄を成功させて始めて審美歯科治療と言えます。審美歯科治療を開始する前に、虫歯や歯周病等の治療は必須である事をご理解下さい。

- ステップ4 -被せ物(詰め物)の製作・装着

患者様によって歯の悩み・ご要望は十人十色。製作される被せ物の歯の形・色・歯並びは、患者様個々に合わせた物を製作致します。製作物にご納得頂いた後に、セット(装着)致します。

製作される歯は、最終セットまでに試適を行います。実際に製作される人工歯の雰囲気を確認して頂き、何か気のなる事がございましたら、この時点で修正致しますので、ご安心下さい。

被せ物
材質による違いとその特徴

被せ物に使用する素材の種類と特徴についてご説明致します。患者様の症状(症例)やご要望に合わせ決定致します。

- 材質その1 -オールセラミック

オールセラミックは、最も生体親和性が高く、耐食性にも優れていると言えます。オールセラミックを使用した治療の一番大きな特徴は、体に優しいセラミックのみを使用しますので、金属にアレルギーのある患者様にも安心してお使い頂けると言う事です。

- 材質その2 -メタルバッキングセラミック

金属とセラミックを張り合わせたさし歯の事を指します。現在、一般的に製作されているセラミックのさし歯がこのタイプです。金属フレーム(土台)の上に、セラミックを焼結させた構造ですので、もっとも自然の歯に近い色や形、歯並びを再現できます。

長期間お使いになられても、色が変わると言った変色の心配もありません。フレームに使用する金属には、金主体のものと、金とその他の金属との合金のものとがあります。金の含有量が多い金属を使用する程、体に対する異害作用は少なくなります。

- 材質その3 -ハイブリッドセラミック

レジン(プラスチックみたいな物)に、セラミックスフィラーを配合した素材で製作されたさし歯をハイブリッドセラミックスと呼びます。この素材は、セラミックに比べ軟らかいので対合歯との当たりがソフトであり、破損した時でも修復が容易に行なえます。

しかし軟らかいだけに、対磨耗性(磨り減り)はセラミックにかないません。また吸水性がある事から、セラミックに比べて汚れや細菌が付きやすく、長期間お使いになると変色を起こす場合があります。

- 材質その4 -ラミネートベニア

歯の表面を一層削り落とし、そこにセラミックまたはプラスチックの薄いシェルを貼り付ける治療法です。小さい歯を大きくして歯と歯の隙間を閉じたり、着色・変色した歯を白く見せる事ができます。歯を削る量が少なくて済みますが、歯の形、歯並びの修正には限界があります。

- 材質その5 -ホワイトニング

ホワイトニングとは、プラスチックやセラミックといった人工的な材料で変色を被い隠すのではなく、あなた自身の歯を白く漂白する治療法です。歯の形や歯並びを変える事はできませんが、歯を削る必要はありません。

ホワイトニングついて、さらに詳しく

最後に

当院では、出来るだけ歯に人工的な加工を施さないように考え、天然の歯を大切にした治療を心がけています。

また、審美治療を行う前に全体的な歯の清掃を行いますが、この清掃方法はPMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)と呼ばれる専門的なクリーニング方法で、細部にわたり丁寧に歯の汚れを取除きポリッシングを行う事によってかなり綺麗になり、本来の歯の白さが戻ります。この清掃の段階でも「綺麗な白い歯になった」と喜んで頂いています。

インフォームドコンセント

武内デンタルクリニックでは、患者様にとって最良と思われる治療を、患者様の立場で考えたいと思っております。

歯の診療・治療・症状に関しまして、分からない事や疑問に思う事も多々ある事と思います。お悩み事等ございましたら、何でもご質問・お問い合わせ下さい。歯の色・形・歯並び等、審美的な事でお悩みの方、どうぞお気軽にご相談下さい。

審美歯科治療費

保険診療:健康保険各種取り扱い、保険診療費に準ずる。
自費診療:以下に表記(税別)

被せ物(クラウン)

ハイブリッド ¥80000
メタルボンド ¥120000 ~
オールセラミック ¥120000 ~
ラミネートべニア ¥50000

スタッフ紹介

武内光晴

武内デンタルクリニック 院長
武内 光晴 (歯科医師・治療責任者)

[学歴・経歴]
1981年 3月  神奈川歯科大学卒業
1981年 4月~ 神奈川県横浜市 プラザ歯科医院勤務
1986年 5月~ 東京都港区虎ノ門 柳澤歯科勤務
1995年 9月~ 武内デンタルクリニック開設

[資格・認定]
1985年 8月 小児歯科学ポストクラジュエイトコース修了
1986年 8月 歯内療法学ポストクラジュエイトコース修了
1988年 8月 歯周療法学ポストクラジュエイトコース修了
2006年 10月 第5回世界歯科学総会参加認定証取得
2010年 10月 日本美容医療研究会
       ヒアルロン酸療法認定医取得
2014年 4月 日本歯科放射線学会 歯科放射線優良医取得
2014年 12月 GC・カールツアイス社
       マイクロスコープセミナー修了
2016年 12月 日本歯科放射線学会
       歯科放射線准認定医取得

日本再生医療学会、日本画像医学会 会員

アクセス

武内デンタルクリニック

〒150-0021
東京都渋谷区恵比寿西1-3-9 マーブルフロントエビス3F
渋谷区恵比寿の歯医者さん 武内デンタルクリニック

03-3461-4180

JR 山手線・埼京線・湘南新宿ライン 恵比寿駅 西口
日比谷線 恵比寿駅

診療時間 日祝
10:00 ~ 13:00

14:30 ~ 19:00

土曜は、午後 16:00 まで
休診日:日曜、祝日
健康保険:保険診療、健康保険各種対応

武内デンタルクリニック

診療科目

一般歯科(虫歯・歯周病治療等)、矯正歯科、予防歯科、審美歯科、ホワイトニング、インプラント、義歯(入れ歯) 等

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る