痛くない歯科治療

痛みを極力抑えた治療

当院では「痛みの少ない治療」「無痛治療」を実施しております。

痛みに敏感な方へ

歯医者に行く事にどうしても抵抗のある方、是非一度ご相談下さい。

無痛的歯科治療

無痛的治療とは患者様にできるだけ痛みを感じさせないように配慮しながら行う治療の事です。

歯科治療に伴う痛みというのは、誰しもが耐え難いものでしょう。痛い治療が苦手な方、歯科治療に恐怖心がある方、治療時のストレスを軽減する必要がある方、乳幼児や高齢者の方、心疾患や高血圧、その他内科的慢性疾患がある方、お気軽にご相談下さい。

無痛治療への5つの取り組み

無痛治療の一番のポイントは麻酔の仕方にあります。

1.注射の痛みを軽減する表面麻酔

まず最初に麻酔部位に表面麻酔薬を塗ります。この時、表面麻酔に十分な時間をかける事で、注射針による痛みを大幅に軽減させる事ができます。

2.刺す瞬間の痛みを和らげる極細の注射針

一般的な針は27G(0.4mm)ですが、当院で麻酔時に使用する注射針の太さは33G(0.26mm)の物を使用しています。注射針が細ければ細いほど、刺した時の痛みは少なくなります。

3.「圧痛」を軽減する電動麻酔器

麻酔液を一気に注入しようとすると圧力がかかり、これが痛みの原因になります。コンピュータによって麻酔の注入速度を調整できる電動麻酔機を使用する事で、この「圧痛」を軽減できます。

4.麻酔液を温めて刺激を和らげる

麻酔液を体温と同じにする事で、刺激が少なくなります。

5.笑気吸入鎮静法

治療の恐怖や不安を和らげる方法として「笑気ガス」を用いた鎮静法があります。この笑気吸入鎮静法は、患者様を「眠らせるのではなくリラックスさせる」治療方法です。

笑気とは全身麻酔に使用される麻酔ガスの一種ですが、笑気吸入鎮静法は全身麻酔ではありません。全身麻酔のような高濃度ではなく、20~30%の低濃度です。酸素と併用して使用するので治療中の意識は保たれています。笑気ガスを鼻から吸い込む事で、体中の緊張が取り除かれ恐怖心や不快感等の精神的ストレスから解放されます。局所麻酔や外科手術などの疼痛刺激に対して鈍感になり、リラックスした状態で治療を受けられます。

豊富な実績と経験

どんなに良い針や麻酔器があっても、テクニックがなければ痛みが生じてしまいます。実は、歯茎には針を刺しても痛い場所とあまり痛くない場所があります。また針を刺すときのスピードは、ゆっくり刺すのと一瞬で刺すのとでは痛みを感じる時間も違います。何事においても、初心者よりも経験がある人が頼りがいがあるでしょう。