武内デンタルクリニック

歯を残したい方の為のクリニック

可能な限り歯を残す為の根管治療(歯の根の治療)

実は歯の根の治療が大事
根管治療(神経の治療)は
歯の寿命を決める重要な治療

根管治療

インフォームドコンセント

虫歯が象牙質の深層に達した場合、歯の神経を取る治療が必要となります。この時、必要となってくるのが歯の根の治療(根管治療)です。

根管治療(歯の神経・根の治療)がきちんとできていないと、その上にいくら綺麗な被せ物や詰め物をしても、抜歯を余儀なくされる事になってしまいます。(根管治療はいわば、家作りの基礎にあたる部分。基礎がしっかりしていなければ、どんなデザイン性の高い家でも、すぐにダメになってしまいますよね。)

根管治療は歯の寿命を決める重要な治療。

根管治療は、歯髄(歯の神経)が炎症や感染を起こした時に必要になる治療です。炎症や感染の原因は、深い虫歯・歯に亀裂・外傷などです。炎症や感染をそのまま放置しておくと、歯が痛んだり、根の周囲の組織に炎症が広がったり、歯肉が腫れたりします。場合によってはリンパ節が腫れたり発熱したりと全身的にも影響が出るこ事もあります。

ですから、根管治療は歯の根の先まできちんと治療する必要があります。

歯科領域の中でも繊細かつテクニックを要する治療が根管治療。
実は、この根管治療はかなり難しい治療です。なぜなら、歯の根の中(特に先端)は直接見る事ができず、根管の形も人それぞれ異なる為、細菌を完全に取り除く事が非常に難しいのです。しかも細菌を取り残した状態で詰め物を詰めたり差し歯を被せてしまうと、後々細菌が増殖してトラブルの原因となるからです。以前に根管治療が終了している根が再び感染してしまった場合の「再根管治療」は非常に困難を要する事が多く、根気も必要となります。

根管治療においては、根の中を肉眼で確認する事はできないので、手指の感覚・レントゲンや専用の器材によるデータを参考にしながら盲目状態(と言っては言い過ぎかもしれませんが)で感染している歯質をとっていくのです。最新器材や治療器具があっても、それを使いこなす「手」と「眼」が最も重要となります。この「根管治療」は当院の得意分野とするところであり、学問的知識に長年にわたる豊富な経験から、今まで保存不可能と思われてきた歯も丁寧かつ正確な治療を施す事で再生させています。

当クリニックの根管治療・歯の根の治療

根管治療イメージ

根管治療イメージ

以前に根管治療が終了している根が再び感染してしまった場合の「再根管治療」は困難を要することが多く、根気も必要です。実は、根管治療は歯の寿命を決める重要な治療がであり、術者の技量が問われるのが根管治療なのです。

根管治療はいわば、家作りの基礎にあたる部分に相当する治療行為になります。基礎がしっかりしていなければ、どんなデザイン性の高い家でも、すぐにだめになってしまうように、歯も抜歯を余儀なくされる事になってしまいます。

歯科領域の中でも繊細かつテクニックを要する治療が根管治療です。
最新器材や治療器具があっても、それを使いこなす「手」と「眼」が最も重要となります。この「根管治療」は当院の得意分野とするところであり、学問的知識に長年にわたる豊富な経験から、今まで保存不可能と思われてきた歯も丁寧かつ正確な治療を施すことで再生させています。

他院にて抜歯宣言を受けた歯でも、あらゆる方策を講じて残していく当院の治療方針には、多くの患者さんから称賛のお声を頂いています。

根の治療(根管治療・抜髄)は歯そのもの自体を残す為の治療

虫歯が深く進行してしまっている場合や歯が外力等によって破折した場合などに、歯そのもの自体を残すために、歯の内部にある「神経」だけを取り除く処置を「抜髄」といいます。口の中は細菌の宝庫なので、無菌的に治療を行うことは、その後の歯の寿命を左右することになるので非常に重要なポイントと言えると思います。

この「抜髄」と云う処置を行った後に必要な治療を根の治療=根管治療といい、細い針のような器具を主として用いて行われます。

また、この針と一緒に、根内部に侵入してしまっている感染物質を溶解剤と併用して、根管内部をきれいにしていきます。この「針」には大別すると「①らせん状の刃」「②ギザギザした円柱形のやすり」「①と②の中間(混合)型」の三種に分かれますが、近年になって新しい材質の物が現れてきました。

根の治療(根管治療)は、その歯の形状や崩出方向などによってその困難度合に差が生じ、単純に何回で終了できると云う治療ではありません。同じ奥歯でも根が4本の歯もあり、根が湾曲していたり管の径が著しく細い根もあり、時間と手間暇が必要になる治療といえます。

また、患者さんの協力も重要なファクターとなり、口を開けている時間が長くなる傾向がある治療なので、顎も大変疲れる治療と思われますが、ここでで1回治療回数を減らす=治療を急ぐことによって、将来の予後に大きな差が生じるのも、この治療の怖いところでもあると思います。

基本的に1~2回の根管治療で痛かった歯の痛みがなくなり、物を噛むと痛かった状態が普通に噛めるようになったからといって即「治った」と云う訳でなく。むしろここが根管治療のスタートと言っても過言ではないと思います。また根管治療にはレントゲン写真が必ず必要になるので、その都度、撮影したレントゲン写真の説明には、耳をかたむけましょう。

一般的に根管治療は「再根管治療は可能」でも「再々根管治療は不可能」なことが多く見られます。インターバルがやや開いてしまっても、根気よく通い遂げる気持ちを持って通院することが大切に思います。

根管治療(歯の根の治療)治療費

保険診療:健康保険各種取り扱い、保険診療費に準ずる。
自費診療:以下に表記

根管治療(歯の根の治療)治療

健康保険適用

HOMEに戻る

メールでのご質問・お問い合わせ

メールによるご相談、お問い合わせは、下記のメールフォームよりご送信下さい。
お問い合わせに対するお返事、もしくはご予約についてのご連絡が患者様に届かない場合は、何かしらの通信エラーが考えられます。そのような場合の時は、大変お手数とは存じますが、お電話にてご確認下さい。

お名前必須
フリガナ必須
メールアドレス必須
確認用メールアドレス必須
お住まいの都道府県
市区町村名 ※全角でご入力ください

電話番号必須
お問い合わせ内容

必須は必須項目です。

 

アクセス

歯科医院名:武内デンタルクリニック
所 在 地:〒150-0021
東京都渋谷区恵比寿西1-3-9 マーブルフロントエビス3F
電話番号:03-3461-4180
診療内容: 一般歯科(虫歯・歯周病治療等)、矯正歯科、予防歯科、審美歯科、ホワイトニング、インプラント、義歯(入れ歯) 等
診療時間: 平日(月~金)
10:00~13:00 14:30~19:00
土曜日
10:00~13:00 14:30~16:00
休診日: 日曜・祝日
健康保険:健康保険各種対応
最寄駅: JR 山手線・埼京線・湘南新宿ライン 恵比寿駅 西口
日比谷線 恵比寿駅
武内デンタルクリニック