ご予約お問い合せは03-3461-4180

歯周病について(恵比寿 歯科・武内デンタルクリニック)

歯周病イメージ

歯茎の腫れ、もしかして歯周病!?
歯周病とは歯肉に炎症が引き起こされ、放置しておくと膿が出たり、口臭がひどくなり、歯がグラグラとなり、最後には大事な歯が抜け落ちてしまう病気です。

歯周病の怖いところは、虫歯と違って初期段階では痛みを感じる事が少ない(自覚症状がない)と言う事です。

~ 歯周病の原因 ~

歯周病の原因はプラーク(歯垢)です。
プラークは、歯の表面に集まる目には見えない細菌からできているネバネバとした薄い膜です。プラークは次第に堅くなって歯石となります。これが感染を招き、次第に歯の周囲にポケット(歯と歯肉の隙間)ができ、歯を支持している組織(歯肉や歯槽骨等)を破壊していきます。

▲トップに戻る

歯周病の進行

歯周病はバイオフィルム(細菌塊)感染症
歯周病は細菌感染症で、その発症にはA.a.菌やP.g.菌など数種類の細菌がかかわっており、歯垢(プラーク)を長期間放置する事でバイオフィルムという細菌集団の膜が歯に強固に付着し、歯周病を進行させるのです。

歯周病が進行すれば、歯茎が炎症をおこし、しだいに骨は溶けていき、最後には歯の周りに骨がなくなってしまい、グラグラになった歯は抜かないといけなくなります。

健康な歯肉 軽度の歯周病 中度の歯周病 重度の歯周病
健康な歯肉軽度の歯周病中度の歯周病重度の歯周病

▲トップに戻る

当院の歯周病治療

歯周治療を希望して来院される患者さんの多くの場合は、歯周病の何らかの症状がすでに現れており、かなり病状が進行しているケースが多く、治療に要する期間も長くなります。治療は早く終わるにこした事はありませんが、じっくりと腰を据えて治療を受ける心構えを持つ事が最も重要です。

また、歯周病は本人に自覚がないままに進行するという病気でもある為に、歯周病が進行していると思われる患者さんには、十分に歯周病に関する説明を行ない、治療の必要性をお話しております。

▲トップに戻る

歯周病治療のステップ

■ 診査
まず病状の正確な把握の為に、さまざまな診査(口腔内写真・歯周ポケット計測・歯の動揺度検査等)を行ないます。この診査は適切な診断と、治療計画の立案の為に非常に重要です。

■ 診断、治療計画の決定
検査の結果をもとに、患者さんに現在のお口の中の状態を十分にご説明致します。
そして、病状を診断し治療計画を立てます。歯周病の治療には、患者さんそれぞれにあった計画的な治療が必要となります。

■ 治療
治療計画をご説明、ご納得頂いたのち治療を開始致します。
一般的に歯周治療は以下のようなステップで行なわれます。

1.プラークコントロール
プラークは、まるで車のボディーに付いた「水垢」のような物なので、口をゆすぐだけやジット水流のような物では簡単には落ちませんので、ブラッシングやフロッシングなどで機械的に擦り落とす必要があります。

2.バイオフィルムの除去
通常の歯磨きで十分に取りのぞけないバイオフィルムの除去には、歯科医院で行う専門的なクリーニングである、PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)が効果的です。

3.プラークコントロールの確認
日ごろのプラークコントロールが、うまく出来ているかどうかの確認には、プラークスコアーと云う指標が使われることが多く、専用の歯垢染色剤によるプラークの染め出しを行い、歯のどの面が染まったかをチェックします。

4.リスクファクターの改善
歯周病の直接的な原因はプラーク(細菌の塊)ですが、関節的な原因(リスクファクター)を取り除くことは歯を歯周病から守るために大切なことです。口腔内の問題として、細菌のたまりやすい環境や歯に過度の力が加わること。全身的な問題として、免疫力を落としやすい行為や唾液の分泌を減らす行為となります。

5.再検査
歯周病の進行度合いの指標を検査し、今後どのような歯周治療が最適なのかを精査していきます。

6.より良いお口の環境を得るための治療
歯周病を予防する為には、毎日の歯磨きが重要と言うお話をしましたが、ご自身だけではおのずと限界があります。専門的ケア(メンテナンス)を行い、より良いお口の環境を維持する為の指導・アドバイス等をさせて頂きます。

▲トップに戻る

定期的なメンテナンス

治療によって歯周病が改善すれば、定期的なメインテナンスに移ります。
歯周病はバイオフィルム感染症です。ですから、適切にプラークコントロールする事で、バイオフィルムの形成を防ぐ事ができます。プラークコントロールは、患者さん本人が家庭で行なう事が中心となりますが、歯周病は容易に再発してしまう病気の為、定期的に来院して頂き検査(検診)する事をお勧め致します。

定期的にきっちりとメインテナンスを行なえば、歯周病の進行は食い止める事ができます。適切なブラッシング技術を身につけ、プラークを除去できれば、歯周病は確実に改善していきます。

▲トップに戻る

プラークコントロールについて

プラーク(歯垢)とは、食べカスではなく、細菌の塊です。プラーク1mg中の細菌数は約10億と言われています。このプラーク中の細菌が産生する「酸」や「毒素」が虫歯や歯周病の主な原因となります。この細菌数を減らせば、虫歯や歯周病を予防・改善させることができます。

プラークコントロール=歯磨き(ブラッシング)だと誤解している人も多いのですが、プラークコントロールはブラッシングだけでなく、デンタルフロスを用いたフロッシングや歯間ブラシの使用など、歯に付着したプラーク(歯垢)の量を減らす行為全般を指します。

プラークは、まるで車のボディーに付いた「水垢」のような物なので、口をゆすぐだけやジット水流のような物では簡単には落ちませんので、ブラッシングやフロッシングなどで機械的に擦り落とす必要があります。歯の表面がザラついていたりすると、たった2~3時間程度でプラークが作られてしまう事もあります。

しかし、プラークができたからと言って直ぐに虫歯や歯周病になる訳ではありません。
虫歯への影響が始まるのは概ね24時間~48時間かかる為、理論上は1日1回完璧にプラークコントロールを行えば虫歯・歯周病を予防することが出来ますが、実際に完璧なプラークコントロールを行うのは難しいため、1日複数回プラークコントロールを行った方が虫歯・歯周病の予防効果は高くなります。

▲トップに戻る

お問い合せは、03-3461-4180まで

歯周病でお困りの方、どうぞお気軽にご相談下さい。
歯周病治療:恵比寿の歯科医院(歯医者)、歯科・武内デンタルクリニック

恵比寿の歯医者が伝える 歯科治療ガイド歯周病(歯周病治療・歯周病予防)
普段の歯科診療・治療で私が考えている事、感じている事を中心に、虫歯・歯周病・審美歯科・インプラント・義歯等のカテゴリー別に、歯やお口、身体の健康に役立つようなお話を配信しております。このサイトの情報が、少しでも歯やお口の病気・診療・治療でお悩みの方にお役に立てば幸いです。