ご予約お問い合せは03-3461-4180

義歯・入れ歯(恵比寿 歯科・武内デンタルクリニック)

義歯(入れ歯)イメージ

インプラント治療は、その処置内容がとてもシステム化され、マニュアルに従って行えば、それなりに良い結果が得られると言う安心感から、普及がかなり進んできたものと思います。

しかしながら、現代人の欠損歯数は減少傾向になってはきたものの、今でも義歯の需要は相変わらず多いのが現状です。

欠損部における全ての治療がインプラント治療に置き換わるとは考えにくく、部分入れ歯がその主役である事は変わりないと思います。


当クリニックでの義歯(入れ歯)の治療方針

当院では、インプラント治療によるリスクを回避する事はもちろんの事、症例によってインプラントと義歯の両立を考えて、その患者さんにとって一番良い方法で治療を行っていきたいと常に考えています。

特に、顎の骨に対して外科的処置を行う事にためらいを感じる方々や、その治療自体に不安をお持ちの方々には、やはりまずオーソドックスな部分入れ歯をご提案させて頂いております。

お口の中の様子には個人差がありますので、一概に「欠損歯数が何本ならばこの形」と言う定型的な考え方ではなく、残存している歯やその状態、或いは噛み合わせや義歯が入る場所の歯ぐきの形状など、細かい審査・診断が必要と考えています。

いずれか心当たりある方へ

 レ点 いまの入れ歯が不快だ。
 レ点 いまの入れ歯に違和感がある。
 レ点 いまの入れ歯が噛みにくい。
 レ点 いまの入れ歯はずれやすい。
 レ点 いまの入れ歯はみっともない。

是非、入れ歯診断・入れ歯チェックにお越し下さい。
特に今まで義歯で苦労されている方へは、新しく作る義歯へのご希望やご要望をお伺いし、そのご不満やご要望を新義歯の設計に反映させ、担当の技工士と綿密な打ち合わせを行いながら、お一人々の義歯を作製しています。

▲トップに戻る

義歯の分類

義歯を大別すると総義歯と部分義歯に分類されます。

総義歯(総入れ歯、全部入れ歯)

総義歯総義歯とは、一本も自分の歯が残っていない方への入れ歯です。歯科用語では、全部床義歯と言います。

義歯のベース(基礎床)となる素材には、

・レジン床:義歯に厚みが出る。修理は容易
・金属床:金属製なので、薄くて丈夫、熱も感じる。
・軟性床:義歯の痛みが出にくい。修理は難しい。

等がありますので、適宜ご提案させて頂きます。

部分義歯(部分入れ歯)

部分義歯ご自身の歯が1本でも残っている場合、お口に入る入れ歯は、部分義歯(部分入れ歯)となります。

部分義歯には、入れ歯を維持・安定させる為の維持装置(クラスプ=バネ・針金とも呼ばれています。)が必要となります。

どのような形の部分義歯・どのような形の維持装置にするかは患者さんのご希望もあるでしょう。各タイプにはそれぞれに適応症例がありますので、義歯を入れらる患者さんにとって、どのような形の部分義歯が一番適しているのか、義歯製作開始前に詳しくご説明致します。

新しいタイプの義歯・ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプ義歯最近では、昔からある義歯と全く違うタイプの義歯が開発されています。

今まで義歯における問題点として「異物感」「発音障害」「見栄えの悪さ」等、患者さんにとってのストレスが大変ありました。「従来型の義歯」でご満足いただけなかった方でも「新しいタイプの義歯」で、ほぼ100%ご満足頂けているのが当院での現状です。

当院で取扱っている「新しいタイプの義歯」とは、米国Rapid Injection System 社によって開発された約30年近い臨床実績を誇る義歯で、金属製の維持装置であるリング状のバネの全くない高弾性特殊合成樹脂の義歯です。この義歯の素材であるポリアミド(ナイロン)はF.D.A.(米国食品医薬品局)の認可も受けており、米国を中心に歯科医療先進国と呼ばれる40カ国以上の国々で使われています。

特徴は、見栄えがよく、薄くて軽く、汚れ・匂いが付きにくく、ノンアレルギー素材でもある事です。
義歯本体に弾力性がある為、装着感、適合性に優れ、年齢や性別に関係なく多くの方々から喜ばれ、快適な食生活を楽しんで頂いています。

▲トップに戻る

お問い合せは、03-3461-4180まで

歯を失ってお悩みの方、入れ歯が痛い・かめない等でお困りの方、どうぞお気軽にご相談下さい。
義歯(入れ歯):恵比寿の歯科医院(歯医者)、歯科・武内デンタルクリニック

恵比寿の歯医者が伝える 歯科治療ガイド
普段の歯科診療・治療で私が考えている事、感じている事中心に、虫歯・歯周病・審美歯科・インプラント・義歯等のカテゴリー別に、歯やお口、身体の健康に役立つようなお話を配信しております。このサイトの情報が、少しでも歯やお口の病気・診療・治療でお悩みの方にお役に立てば幸いです。