ご予約お問い合せは03-3461-4180

虫歯・虫歯治療(恵比寿 歯科・武内デンタルクリニック)

虫歯治療イメージ

歯のトラブルって急に来ますよね!
今アクセスしている貴方がそうではありませんか!?

「甘いものばかりを食べていると虫歯になりやすい」
と言うのは何となく解っていても、どうしてそれが虫歯の原因になるのかをはっきり知っている人は案外少ないのではないでしょうか。

~ 虫歯の原因 ~

口の中には多くの細菌が存在しています。その中でも、虫歯を引き起こす最も重要な菌は、ミュータンス菌=ストレプトコッカス・ミュータンスです。(口の中の環境によっても差が生じます。)

砂糖を餌とした虫歯菌(ミュータンス菌)が酸を作り出し、歯の表面の硬いエナメル質を溶かし始めます。
これが虫歯の始まりです。

よく虫歯ができやすい場所

よく虫歯ができやすい場所としては、

 1.主に奥歯などの噛み合わせの面にある溝
 2.歯と歯の間
 3.歯の歯茎寄り1/3の部分

の3か所が挙げられます。
さらに、口の中の環境として次の4つの条件がそろった場合に虫歯が発生すると考えられています。

 1.虫歯になりやすい歯の質、歯並び、噛合せになっている。
 2.虫歯原因菌が旺盛な活動をしている。
 3.歯につきやすい甘いもの(糖質)を多く摂取する食習慣がある。
 4.歯垢(汚れ)が歯に付着したままになっている時間が長い。

逆のいい方をすると、これらの条件のどれか1つでも欠ければ、虫歯はできないと言えます。

▲トップに戻る

当院の虫歯治療

● 極力歯を抜かない事
● 可能な限り歯の神経を温存させる事
● 最新機器も応用し可及的に歯の切削を少なくする事
● 痛みを抑えた治療を施術する事

当院では、上記の事項に最大限の努力で取り組んでいます。
更に、個別対応型の診療を実施する事により、些細な事でも歯科医が直接ご質問をお受けし、お答えする事で今まで以上の安心感とご信頼を頂いております。

▲トップに戻る

一般的な診断について

虫歯で歯に穴があいてしまった場合、自然治癒は期待できません。原則として、虫歯になった部分を削って補修しなければならないのです。歯医者さんに行くと、虫歯の事を暗号の様な呼び方で状態を表現していますが、その意味が分かれば事の重大さに気づく事があるかもしれません。

第1段階:C0

虫歯:第1段階歯の表面(エナメル質)の内部に脱灰(虫歯の始まり)の初期である白斑が生じ、肉眼的には虫歯の穴が認められない状態をいいます。再石灰化(脱灰が治ること)により正常に復する可能性がある状態です。


第2段階:C1

虫歯:第2段階虫歯がエナメル質内に留まっていますが、再石灰化は期待できない状態です。
エナメル質には神経が来ていないので、自覚症状はなく、なかなか存在に気がつきません。


第3段階:C2

虫歯:第3段階エナメル質の内側は象牙質という構造で、この部分は神経とつながっているので、この部分まで虫歯が進むと種々の自覚症状として、冷水や甘いものにしみたり、強く噛むと痛むこともあります。象牙質はエナメル質よりもはるかに軟らかいので、虫歯は急速に進行します。

第4段階:C3

虫歯:第4段階虫歯が象牙質の深層に達し、熱いものがしみたり、睡眠中にひどく痛んだりと、明らかに神経に炎症が起きている状態なので、神経を取る必要があります。この状態になっても我慢強く、鎮痛剤の連用などで乗り切ると、痛まなくなることがありますが、これは治ったのではなく、神経が死んでしまい痛みを感じなくなったことを意味します。C1以降では、放置しておいて自然に虫歯が治ることはありません。

第5段階:C4

虫歯:第5段階歯の崩壊がさらに進み、ほとんど根だけ残った状態になり、この段階までくると抜歯しか方法がないことが多く、運良く残せたとしても、数か月~数年後には折れたり、割れたりして抜歯に至ることが多くなります。

※これらが全ての虫歯に常に100%あてはまると言う事ではなく、個人差等もあります。

▲トップに戻る

一般的な治療

第1段階:[問診と診査]

痛みの有無や痛みの状況など詳しく聞きます。歯や顎を診るだけでなく、噛合せの状態や顎の動きなどの診査も必要となるので、多くの場合レントゲン撮影を行います。レントゲン撮影には、顎全体を1枚のフィルムで撮影する方法と個々の歯を撮影する方法がありますが、必要に応じ、両者を併用することが多く見られます。この場合、同じ日に撮影する時と日を異にする時とがあります。

第2段階:[脱灰した象牙質の除去]

エナメル質は、ほとんどが無機質ですから、脱灰によって溶け去ります。しかし、象牙質は約30%の有機質と水分から出来ているので、脱灰後も軟らかい基質が残ることになります。この脱灰した象牙質のことを「軟化象牙質」といい、その中には引き続き脱灰を進行させる酸や細菌が含まれています。

従って、虫歯の進行を防止するために、歯を削ったり、刃物でかきとったりして除去します。その際に、神経に近くなったり、神経が出そうになったりした場合は、神経を鎮静させる作用のある「貼薬」や「セメント」で保護します。神経が出てしまうような深く多量に軟化象牙質がある場合は、感染防止の観点から、神経を除去することが多く見られます。

治療した歯が夜になって急に激痛が発生するような場合は、その多くが無理に神経を残そうとした時にみられる症状です。

第3段階:[つめものや冠の装着]

比較的虫歯が小さければ、充填(つめもの)をします。この場合、残った歯が欠けないように、あるいは再び虫歯にならないように、充填したのもが外れないように歯を削ります。虫歯の面積が広いような場合は、歯全体を覆う形の「冠」を作るように歯を削ります。

この冠を作る場合は、必ず歯型をとって作りますが、充填の場合は、型を採る方法と削った歯に直接つめるタイプのものとがあます。

▲トップに戻る

詰め物・被せ物で使用する素材の種類と特徴

詰め物・被せ物に使用する素材の種類と特徴についてご説明致します。
下記の説明に挿入してある絵は詰め物で表しておりますが、被せ物でも同じ種類・同じ材質となります。

12%Pdメタル

メタルインレー保険適用
色:銀色。
丈夫ですが、審美的ではありません。
腐食による黒ずみの原因にもなります。

ゴールドメタル

ゴールドインレー自費
色:金色。
貴金属なので人体に対して非常に優しく、腐食による黒ずみの心配もありません。
丈夫ですが、少し審美的ではありません。

ハイブリッドセラミック

ハイブリッドインレー自費
色:歯の色に近い乳白色。
吸水性がある為に変色(着色)をおこし、耐摩耗性も他の素材に比べ劣ります。


オールセラミック

オールセラミックインレー自費
色:歯の色に近い白色。
最も審美的で自然感があり、きれいで変色もしません。
アレルギーの患者さんにも安心して使用できます。

▲トップに戻る

虫歯と日常生活

日々の生活においての虫歯予防策としては、比較的かんたんに行うことが出来るものから歯科医院へ行き、施術してもらわなければならないものまで多肢にわたると思いますが、一般的によく言われているものとしては次のようなものがあると思います。

 1.食事や間食は規則正しく摂って、砂糖を控えるようにする。
 2.硬めの食品をよく噛んで食べると、唾液による自浄作用が期待できます。
 3.歯ブラシ、歯間ブラシ、デンタルフロスなどを適材適所に用いる。
 4.フッ素やクロルヘキシジンなどの薬剤の入った歯磨剤を使う。
 5.虫歯になりやすい部分をあらかじめ予防充填しておく。

※予防充填:虫歯になってない歯の溝を閉鎖する方法で、歯を削らずに行います。

(参考)
キシリトール:xylitol とは…
天然の代用甘味料として知られ、北欧諸国で多用されています。旧厚生省は、天然にも存在する添加物に分類しています。冷涼感があり、後味の切れがはやく、加熱による甘みの変化がないため、加工にも適しています。

当院の虫歯治療イメージキシリトールは、口腔内の細菌による酸の産生がほとんどないことから「非う蝕性甘味料」として知られています。1976年にフィンランドで行った実験をはじめとして、う蝕予防効果があることが証明されています。しかし、キシリトール配合のガムなどによってう蝕が治るということはないとされています。

現在のところ、キシリトールの再石灰化促進作用は証明されておらず疑問視されています。現状では「非う蝕原性」であるが「抗う蝕性」であるとは言えません。 (ガムを噛むことにより分泌される唾液による歯の再石灰化効果はありますが、それはキシリトールとは関係がありません。)

▲トップに戻る

お問い合せは、03-3461-4180まで

早期発見・早期治療。何よりも予防!
虫歯治療:恵比寿の歯科医院(歯医者)、歯科・武内デンタルクリニック

恵比寿の歯医者が伝える 歯科治療ガイド虫歯(虫歯治療・虫歯予防)
普段の歯科診療・治療で私が考えている事、感じている事を中心に、虫歯・歯周病・審美歯科・インプラント・義歯等のカテゴリー別に、歯やお口、身体の健康に役立つようなお話を配信しております。このサイトの情報が、少しでも歯やお口の病気・診療・治療でお悩みの方にお役に立てば幸いです。